プロフィールはこちら

禁酒 節酒 酒の席での失敗 酒との付き合い方

スポンサーリンク
実験室!
どれとどれを混ぜると…人間はどうなるのか!
知らないけど…

酒をやめなければならないような状況になったことは多々あります。

なんなら、それこそが酒飲みの境地だと思っていたからなんですけど…。

酒をやめないとヤバいなあと思った理由は、
昨今の芸能人の方々の酒の席での乱痴気騒ぎが原因での引退騒動が大きな発端です。

自分でも怖くなるときはあるものです。
酒を飲んでいると気が大きくなるし、記憶も曖昧になる。
っていうか記憶がなくなる時なんてざらにある。

男同士で酒を酌み交わして、語り明かして、モメて、握手して、和解する。

そういうのが酒の面白いところだと思って今ままで生きてきました。

たまに飲むとおいしい。
そんな存在になってくれ、酒たちよ。

そう、酒を飲んで酔っ払って暴れてナンボというか。
コンビニの空き缶入れを引きずり出して、
「ヒトーツ!フターツ!ミーッツ!」
などと、玉入れ終了後の数え対決みたいな感じになったりして…。

時代なのか、地域性なのか。

九州で育った私は、10人レベルの飲み会の最初の段階では、
普通に焼酎の一升瓶が3本はテーブルにあるような人間関係の築き方が普通でした。

家系的には片親は酒が強い、片親は一切酒が飲めないという感じでした。

逆に、高校時代は、周囲の友達の方がよく酒を飲んでいましたね。

そんな土壌に育った私が、東京に出てきて感じたのは、酒を飲まない人ばっかだな〜ということ。

酒を飲みながら、自身の意識はしっかり保つ。
酒はツール。
のような。

実際のところ、酒のに飲まれない生活がとても重要なのは今になって本当にわかるところです。

毎日毎晩の晩酌を20年続けてきた人間が、
その日頃の習慣を一度に断とうとすることは大変でしたが…。

スポンサーリンク

禁酒のコツ

難しいこと抜き!

  • 酒は大しておいしくはない
  • 酒に似たドライでおいしい飲み物はたくさんある
  • 酒とはしばらく離れるくらいの気持ちで行こうと最初は考える
  • 酒で出る悪い影響が人生を壊すかもしれないことを認識する
  • 酒がない生活でも特に問題がない、むしろその方が良いと考える
  • 酒にかけたお金と時間が浮くことは自分や周囲にとって良いことと考える
  • もしも次に酒を飲むときは、絶対に自分が飲む決断をするようにする

それと、やめるきっかけが重要です。

私が酒をやめた原因は、家族です。

酒を飲んで記憶が飛んでしまうことが多くなってきてしまい、
それを家族もよく思わないということが大きかったです。

日頃のストレスや年齢もあるのでしょう、
酒が自分に及ぼす影響を考えずにガブガブ飲みすぎていたのです。

話したことを憶えていない、行った場所を憶えていない…。

妻子との人間関係が、酒を飲むことで壊れてしまう。

こんなガックリした重い気持ちで禁酒に取り組んでみたのがきっかけです。

まず最初に、身近に置いてある一升瓶や酒は全て処分しましょう。

そして、酒を飲まない日を1日でも作って見ることから始めてみませんか?

酒を飲まない日々

今現在、酒から離れて2年が経っています。

酒を飲んで話すのは本当に楽しかったなあと思います。

思いますが、結局何話したか憶えていないんですよね大概は。

そして酒を飲んで得したことも特になかったことに気づきます。

飲み仲間という言葉がありますが、
じゃあそんな飲み仲間は、酒を飲まない自分とはどうするのか?
お茶をするわけでもありません。

要するに、酒を飲んでるだけで、話す人は基本的には誰でもいいんですね。

家庭では奥さんがたまにチビチビ飲むくらいです。

思った以上に私の禁酒が続くので、
家族からはもう飲んでもいいよ、と言われるようになってきましたね。

ですが、飲まない日々は、私にとってもとても良い日々に変わりました。

酒を飲まない日々は、確かに何も面白くありません。
酒を飲むって本当楽しいもんです。
酒のありがたみは素晴らしい、と思います。

ですが、飲まない夜が自分にとってここまでプラスになるのか、とも思いました。

飲まない日々で得られるもの

今までは、とにかく仕事が終わってから酒を飲むことだけが平日の楽しみでした。

今は酒を飲まないので、今までの生活にないこんな面が見られるようになりました。

  • 日々の慢性的な胃痛がなくなった
  • 日々の慢性的な下痢がなくなって快便が続く
  • コーヒーが飲めるようになった
  • 体重が全然増えない
  • 甘いものが欲しくなる
  • 酒の代わりだと思ってたまにジュースを買って飲んでも罪悪感がない
  • 二日酔いのイヤな感じがなく、毎朝ものすごく爽快に起きられる
  • 夜にシラフなため、クルマに乗る用事にも出かけることができる
  • 夜にシラフなため、読書や音楽鑑賞が捗る
  • 夜にシラフなため、つまらないので早寝→必然的に早起きになる
  • お金を使わなくなった
  • 家族との会話が増えた
  • 感情の起伏が少なくなった気がする

それでも酒を飲みたくなったら

そんなときは、もう、眠ります。
(定番ですね)

眠って、眠って、あきらめます。

「これが明日の朝も快調に起きるための準備」
「いつか飲むんだから、それは特別な日にしよう」

と思って。

眠る。
あきらめる。
これは非常に効果的でした。

今になって思えば、困った時はなんでも眠ることで色々と良い方向にいくと感じます。

問題は、眠れない時。

これは身体を動かして、身体から負の部分を追い出してしまいましょう。

会社や家庭で問題があるなどの難しい原因でなければ、運動こそが最良の睡眠薬です。

酒を飲むことで得られていた満足感も相当なものですが、
酒を飲まないことで得られる良い面が大事に感じられれば、
継続はそんなにつらくないものになります。

それでもやっぱり酒を飲みたくなったら

これを見ると飲みたくなるんですよね

酒は二面性を持っています。

というか、自分もやはり二面性があるものです。

ただ、なんでも、止めた方がいいと頭でわかっていても、
その通り行動できないのが人間です。

酒を止めるストレスが大きいなら、
ストレスなく酒を飲む元の生活に戻った方が良いのかもしれませんね。

一つだけ言えることは、酒は悪くないということ。
そして、酒を飲んでしまうあなたも悪くないということ。

問題は、飲んでいる時の自分の意思が全ての原因で、
その意思いかんで後の人生が左右されるということ。

この問題をクリアするために、
酒を飲まない方が自分にとって良いのだと思うようであれば、
続けてきた禁酒を継続した方が良い選択になるのは明白ですね。

人生を選ぶ

酒くらい、死ぬまでに好きなことの一つなら、飲むべきだと思います。

ちなみに私の父の趣味は酒でした。

本当に酒が好きで、私が子供の頃に離婚していなくなりました。

大して働かず、酒ばかり飲んで、
ギャンブルはするのに家にはお金を入れない人だったようです。

好きなことをやって生きたわけですから、
まあ文句は言えないですね。

私は、自分の妻子がきっかけで酒を飲むのをやめました。

ですが、いつか自分の息子と酒を飲んで大笑いしたいと思っています。

それは自分の人生の目標の一つです。

まずは自分の家族から人として認められること、
それを第一に考え、酒から離れることのできる人間であろうと思って禁酒しています。

家族と楽しく酒が飲める日は、近い将来にいつか来ると思います。

その時には、新しい酒との付き合い方ができる自分になっていると思います。

other
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wipeout130をフォローする
スポンサーリンク
go only big
タイトルとURLをコピーしました