プロフィールはこちら

少年野球 子供 夢 プロ野球選手 なるためには 野球スクール 自信 合理的な考え方を紹介!

スポンサーリンク
身につまされます!
すまん息子よ…
スポンサーリンク

日本の少年野球は「教育的」!

プロ野球中継を見ている父親を見て、子供は野球に興味を持つことが多いようです。
そして父親が応援する球団を子供は好きになり、父親が嫌いな球団を子供も嫌いになる。
見る人が見れば、宗教って怖いな〜といったところでしょうね…。

少年野球で折に触れて知るにつれ、
野球というスポーツは、日本で独自の進化を遂げているものと感じることが多いです。
ミスや消極的なプレーの原因が、その選手の人間性に起因するかのような叱り方をされることも多く、試合中に純粋にプレーを楽しめている選手はほとんどいないのが現実ではないでしょうか。

スポーツなのに、人間教育こそが大事な面が多々見られるように思います。

「グローブを大事にしないからキャッチミスをするんだ!」
「挨拶をしないから試合中に声が出ないんだ!」

とても大事なことを教わっていることに変わりはないと思いますが…。

それに比べ、外国でのプレー経験があるような子供(もしくは親)は考え方が全然違いますね。
とにかく練習時間が長く、ファンな部分が少ない活動内容に辟易とする面がよくあります。

でも、少年野球をやっている子供たちは、一部を除き、とにかく礼儀正しいのは事実です。

これだけでも、少年野球をやっていてよかったなと思う部分でもあります。

少年野球チームの技術指導には限界がある

もしも子供の夢がプロ野球選手になることだったら、親にできることは何があるでしょうか。
(不肖、我が息子もその一人です)

基本的な技術指導はチームに任せることになるのは自然の流れかと思います。

野球経験のない親としては、技術的な面での「間違い(これやってるとケガするみたいな)」だけでも知っておくため、自主的に野球を勉強する必要が出てきます。

そして息子がピッチャー、四番、ショート、ファースト等、チームで重要なパートを任されるようになった時から、自宅での練習が本格化してきますね。

その場合、真面目な子供さんなら自宅でしっかり自分で研究材料を集め、自分でビデオをチェックしながら書籍で知った内容と比較しながら練習を自主的にできるのかも知れません。
(実際こういう子供がプロ野球選手になるんでしょうね)

ですがほとんどの子供はそうじゃありませんね。

しかもチームで練習中に教わったことを、自分の中に落とし込めていない子ばかりだと思います。土日で得たものを平日で反復練習する場所がないわけです。

加えて、バッテリーの基本練習などは、子供の身体を故障させてしまう可能性も出てきますので、
チームではあまり積極的に行わないところが多いのではないでしょうか。

なぜなら、どのチームの代表、監督、コーチも、野球経験はあってもコーチングを本格的に学んだ人はほとんどいないからです。

そういう意味では、チームに依存しない技術向上の環境を一つ持つべきなのは明白だと思います。

選手として自信を持ってプレーするということ

桑田真澄の間違いだらけの野球の常識 正しいキャッチボールの教え
自由な視点で大きな野球を教えてくれる。
これを、日本全国の指導者に行っていくことが急務でしょう。

野球スクールに入ると、うまくできなかった理由を抽出して、それを反復練習することで克服する場を持つことになります。

技術的に指摘点を治すのは自分次第というところは、チームの指導者と変わりはないのですが、
その点を反復練習する場を設けてもらい、それに付き合ってもらえるところが大きく違います。

そして、スクールで習ったことを自信に変えることができれば、
土日の少年野球の試合でも、いい結果を残すきっかけになるのではないでしょうか。

自信がなければ、不安なままバッタボックスに立つこととなります。
そこで打てても、次の打席でも不安はぬぐえません。
一方、自信を持って臨んだ打席で打つことができれば、
自信はさらなる力を子供に与えてくれますね。

野球スクールの実際

だいたい17時頃から1時間刻みでスクールがあるところが多いですね。
子供さんをクルマに乗せて遠方からいらっしゃる方も多いです。

そして知り合いが全然いないケースが多いのですが、
意外と練習試合や公式戦で戦ったことのあるチームの子供がいたりします。
そんなところから子供同士は少しずつ話をし始めていくようですね。

無論、お父さん審判をしている保護者の方同士でスクールが一緒になることもあります。
(スコアラーしているお母さん同士で顔を知っているなんてことも)

付き合いが面倒であれば、スクールで待っている間は何も話す必要はありません。

そういう付き合いが苦手な方はとても多く、
スクールのコーチに予め「スクール中はクルマで待ってます」と言っても大丈夫ですよ。

ピッチングスクールのチェックポイントです。
ご参考まで。

技術論(今回はピッチング)については、これを見てくれれば一目瞭然といったところ。

バランス、リニアムーブメント、トリガーポイント。
セパレーションがあり、ローテーションがある。

我が子は左足の使い方と、リリースポイントを前に持ってくるようにと教わりました。

そしてまだまだ治っていないので、課題として取り組んでいます。

それだけでも、大きな前進になっていると思います。

少年野球を経験して、子供は現実を知る…。

私はこの動画を見て目からウロコが落ちました。

少年野球に熱中する子供を持つ親はよくわかる話なのです。

【必見】プロには50%でなれます!そのなり方とは…⁉︎

里崎さん、やはり只者ではありません。

プロ野球選手になるための方法。

「投手以外やらない。そして150km投げるための練習を重ねる」

ドラフトなど、ピッチャーがほとんどを占めるチームもありますよね。

また、野手でプロ野球選手になるための明確なライン(条件)がないからです。
(投手で150km投げれればなんとかプロいける)

球団によってはその年度で内野手は不要、外野手は不要…そういうことも起きます。

「野手でプロに入るには、少年野球で、チーム内では一番バッターかクリンナップを打っていないと、プロ野球選手にはなれません」

「野手はプロ野球選手になる夢をチームに絶たれてしまう」

チーム事情で、子供が本来たくさん経験を積む機会は奪われます。
色々なポジションに入るチャンスがないのです。

…早速息子に動画を見せて、投球練習させるしかないですね!

baseball
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wipeout130をフォローする
スポンサーリンク
go only big
タイトルとURLをコピーしました