プロフィールはこちら

ミッドレングス 楽しさ テイクオフする喜び 魅惑のサイズはどれだ!?

スポンサーリンク
5,11ftほどか?
ほとんどショートボードのレングスではあるけれど
幅と厚みがあればフレンドリーなボードに

今現在所有しているサーフボードのレングス(長さ)はどれくらいでしょうか。

主にロングボードを使っている方、のんびりした波乗り中心のライフスタイルの方にとってのサーフボード サイズは、どうしても9ft以上のサイズになってきますね。

そうは言っても、一年中安定した風向きではありません。
それに、自分自身がサーフィンするポイントの向きを頻繁に変えないサーファーも多くいます。

または、波はいいけど人が多過ぎて、こんなポイント入りたくない!
そんな時もあります。

要するに、オフショアのポイントでサーフィンする時にどんなサーフボードを使うかということで、とても幅のあるサーフィンライフを送ることができるということをお伝えしたいのです。

では、どれくらいのレングスのボードが自分に合うのか?

そんな疑問に少しでも参考になれば!

スポンサーリンク

ミッドレングス お決まりサイズは?

右から2番目でキマリ

サーフボードの長さは人それぞれの好みによって選ばれますが、
ショートボードとロングボードにはコレという長さのボードサイズがあります。

ショートボードは6ft前後。
ロングボードは9ft以上。

流行りもあります。
ショートボードは6ftよりも短めにして幅と厚みで浮力を調整するのが今風ですね。
ロングボードはシングルフィンならば9’4ftから9’6ft付近が昔から主流。
サイドフィン(スタビライザーとも)付きの2+1のフィンシステムであれば、
9ftから9’4ft付近でしょうか。

それでは、ミッドレングスのお決まりサイズはどの付近になるのでしょう。

ミッドレングスのお決まりサイズ…それは本当に存在しません。

そうなんです。

ミッドレングスは本当に自由な世界なんです。

ボードの性格を決めるレングスの境界線はどこなのか

ミッドレングスにお決まりのサイズはない
ならばボードの性格を決めることになる
サイズの境界線はどこなのか?

ミッドレングスのサイズ感はとても幅広く、とても自由です。

それでは、素人サーファーにもわかるレベルで、
ミッドレングスの「乗ったらロングっぽかった」「ショートボードっぽかった」感は、
どのレングスから違いが出てくるのか。

これは何人かのシェイパーさんやショップの方などのエキスパートに伺ったところ、
(不肖ながらワタシも含めて)
ショートでもロングでもない、
ちょうど中間点となるレングスは7’6ftであると現時点では判明しています。
(自社調べ)

これを境に、これよりもレングスが短ければショートボード的な性格、
これよりもレングスが長ければロングボード的な性格のボードになると思って良いと思います。

どんなコンディションでどんなサーフィンがしたいか

テールが絞られていますが細過ぎない
こういうボードは繊細すぎないので
ある程度雑に乗っても頑張ってくれます
(自社調べ)

ミッドレングスの使い道はとても多岐にわたります。

波が大きい時にも、風が強い時にも、波が小さすぎる時にも楽しめます。

波が大きければ、ロングボードでは楽しめない。
ショートボーダーと同じラインで波待ちするとテイクオフで競争するのが面倒。
そんな時は、ミッドレングスで優雅にテイクオフ。
大きな大人のラインで、速いサーフィンを楽しみましょう。

風が強い時には、ロングボードを持って歩くだけでも面倒。
オンショアだったら海の中では尚更面倒、
テイクオフだけで終わることばかりのサーフィンに。
そんな時は、ミッドレングスでオンショアの波にテイクオフ。
それだけでロングボードよりも楽しめる。

波が小さすぎる時は、ロングボードの出番。
でも、テイクオフポイントにはたくさんの人だかりが。
ここでもミッドレングスを使って楽しんでみましょう。
人と違ったインサイドの波を、テイクオフしてからロングライドする練習。
これだけで結構楽しい週末になったりします。

サーフィンうまそう

ミッドレングス 装備のポイント ショート乗りの場合

<ショート乗りの場合>

セカンドボードに6’8ftか7’2ftくらいのシングルフィンはどうでしょう。

テイルはピンテイルかスカッシュテイルの方が扱いやすいと思います。

あえてシングルフィンにした方が絶対にいいと思います。

これは知り合いの装備歴から知ったことなのですが、

ここでトライフィンにすると必ず飽きがきます。

トライフィンのオートマチックなターンに、

浮力のあるミッドレングスの組み合わせは、扱いやすく簡単すぎてしまうようです。

ミッドレングス 装備のポイント ロング乗りの場合

<ロング乗りの場合>

セカンドボードは、絶対的にフィッシュをオススメします。

フィッシュの良さは何度もお伝えしてきているのあえてここでは語りませんが…。

フィッシュは短いので、もしも長さに不安がある場合は、
8ft前後のボードが最初はいいのかも知れません。

ですがこれもすぐに飽きます。

フィッシュも飽きるぞ!
という声が聞こえてきそうですが…。

surf 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
wipeout130をフォローする
スポンサーリンク
go only big
タイトルとURLをコピーしました